sekken
洗顔は当然毎日しますよね。
その洗顔に使う石鹸はちゃんと選んでいますか?

洗顔石鹸は大切なスキンケアアイテムの一つです。

しっかりと自分(自分の肌)に合った洗顔石鹸を選びましょうね。
ちょっと難しいのはこの“自分に合う”石鹸を選ぶというところです。

肌の状態は人それぞれ違いますし、
また同じ人でも年齢や時期(季節)によって肌の状態は変わります。
ですから、その時の自分の肌に合っている洗顔石鹸を選ぶというのはなかなか大変なんですけどね。

そこで、私が洗顔石鹸を選ぶときのポイントをいくつか紹介しますね。
参考にしてみて下さい。


まず自分の肌質を把握することが大切になります。
これは洗顔石鹸選びに限った話ではなく、スキンケア全般に言えますね。

肌の質は、『乾燥肌』『脂性肌』『敏感肌』など
その人それぞれに肌の特徴があります。
その特徴を考慮した上で、その肌の特質に合った石鹸を選ばないと意味がありません

私の肌は乾燥肌なんですね。
なので保水性を意識して洗顔していますし、洗顔石鹸を選んでいます。

また、乾燥肌の場合は洗顔をし過ぎることもNGなので、
洗顔の回数についてもやり過ぎないことを意識していますよ。


次の洗顔石鹸を選ぶポイントは「洗浄力」です。

洗浄料は強い方がいいと思っていたらそれは誤りです。
肌質に合った洗浄力で選ぶことが大切になります。

洗顔すると顔の皮脂は洗い流されてしまいます。
もし皮脂が少ない肌質の人が洗浄力が強い石鹸を使ってしまったらどうなると思います?
当然、その強い洗浄力で皮脂が洗い流されて、
ますます皮脂が少なくなってしまいますよ。
皮脂は肌を守る役割があるので、必要以上に洗い流してしまうのはスキンケアとしてNGです。

自分の肌に合った洗浄力の洗顔石鹸を選びましょうね。


あと最後のポイントとしては「価格」です。

洗顔石鹸は拘るとかなり高価なものもあります。
ですが、私はそこまで高価な石鹸は不要だと思っています。
通常の範囲内の肌質であれば、そんなに高価は石鹸を使わなくても大丈夫ですよ。
一つの石鹸にたくさんお金をかけるより、
体調や時期(季節)によって石鹸を使い分けられるように、
何種類か洗顔石鹸を用意することにお金をかけた方がいいです。


洗顔石鹸はスキンケアに欠かせないアイテムですからね。
しっかり考えて選んで下さいね。