「かっさ」は、手のひらサイズの翡翠でできた
玉(ぎょく)と呼ばれるプレートです。

最近は、翡翠ではなく黒水牛角や様々な天然石で
できたものが出回っていますね。

このかっさプレートで経絡をこすることで、
気・血・水の巡りがよくなります。


血や水が巡らないとコリや痛みやむくみなど、
様々な体の不調につながります。
体だけでなく、気が巡らなくなると、心の不調も起こって
しまうそうです。


「かっさ」で毛細血管に圧を加えて血液の毒を押しだすと、
経絡の流れがスムーズになる為、デトックス効果もあるんですよ。


顔に「かっさ」マッサージをすると、
筋肉を刺激することで顔のこりをほぐし、血行や水分代謝が高まるので、
リフトアップでき、肌に透明感が出できます。


この「かっさ」の発祥は、中国。
2500年以上も前から行われているそうです。

中国のやり方を日本人に合うようにして、
日本で「かっさ」マッサージを広めた第一人者の
島田淑子さんの「島田流かっさマッサージ」は、
即効性があると評判で、ほうれい線を消すことも
できる
んです。

かっさマッサージの紹介の前に、
マッサージをする時の注意点ですが、

洗顔後の綺麗なお肌に、クリームまたは、
オイルをつけてから行います。

なにもつけないとお肌を傷めることになり、
逆効果になってしまいます。

では、ほうれい線を消すかっさマッサージは、
かっさの先端部分を使ってやります。

①頭のてっぺん(百会のつぼ)と、生え際の左右こめかみの
あたりを軽く擦る。

②ほうれい線のあたりの頬のお肉を持ち上げるような感じで、
くるくると優しくマッサージする。
この時、ほうれい線に垂直にかっさが当たるようにマッサージする。
左右同じように行う。

③手のひらの真ん中のくぼんだ部分とそこから0.5cm位左横を
プレートの角で押す。

④背骨から指2本外側を、背中の真ん中から腰まで
小刻みに3〜5cmくらいずつ往復させながら擦る。
左右とも同じように行う。

⑤内側のくるぶしとアキレス腱の間を、くるぶしから膝上まで
一気に流す。
左右とも同じように行う

顔だけでなく、背中、足とかっさマッサージすることで、
体全体の血の巡りがよくなります。