睡眠をしっかりとることも、ほうれい線の予防になります。


睡眠不足は、ほうれい線ができる原因だけでなく、
肌が固くなったり、かさついたり、
吹き出物ができたりと肌の調子も悪くしてしまいます。


睡眠時間は6時間以上とること、
午後10時~午前2時に最も多く成長ホルモンが
分泌されるので、この時間に寝ていることが大切です。


睡眠時間はできれば6時間以上とるようにしましょう。

ホルモン分泌には体内時計も関係しています。
その為、寝る時間が不規則の場合は、
眠っている間に分泌されるはずの成長ホルモンが
十分に分泌されない為、肌の再生がうまくいきません。
毎日決まった時間に眠りにつくことも大切なことです。

また、睡眠時間だけでなく質も重要です。

熟睡できないと肌の調子が悪くなるのは、
ホルモンバランスが崩れるからです。


美肌ホルモンとも呼ばれる「女性ホルモン(エストロゲン)」の
分泌量も減ってしまうことで、ダメージが皮膚に蓄積してしまいます。

新しい細胞が作られるためには、睡眠時間と質のよい眠りを
しっかりとること
が大切です。


それから、横向きで寝ると下側になる頬のほうれい線を
濃くすることになってしまうので、
仰向きで寝るのがオススメです。