ほうれい線は喫煙者ほどできやすい言われています。

ほうれい線だけではありません。

禁煙者に比べて、目の下にクマができていたり、
肌のキメが粗い、顔色がくすんでいる、
肌のたるんでいる等、見た目の老化が進んでいます。

煙草を吸うことで、一酸化炭素を身体に取り込み、
酸素を運ぶ血液中のヘモグロビンが一酸化炭素と結合することで、
細胞が酸素不足になります。
その為、血流が滞こおり、栄養を送ることができなくなるため、
肌の機能を低下させるからです。


また、活性酸素を体内に発生させ、
肌に大事なビタミンCやコラーゲンを減少させてしまいます。


ビタミンCの1日の摂取量は約100mgですが、
タバコを1本吸うと、25mgが破壊されてしまうので、
わずか4本でビタミンCの1日の摂取量を
壊してしまうことになります。

ビタミンCは肌のハリのもとになるコラーゲンを作るのに
欠かせないものです。
それが減少すれば、肌荒れや皮膚の水分が失われて、
しわやたるみ、もちろんほうれい線の原因になります。

メラニン色素の代謝にもビタミンCが関係している為、
メラニン色素が沈着しやすくなり、肌が黒ずんだり、
シミができたりします。

その上、煙草に含まれている「ニコチン」には、
毛細血管を収縮させる作用があります。
毛細血管は、皮膚に栄養を運ぶ役割をする為、
血管が縮むことで栄養供給が充分にいきわたらなくなり、
肌が乾燥してシワが出来やくなります。


新陳代謝も低下するため、肌のターンオーバーが乱れ、
肌の老化を引き起こします。
血行不良は、顔色がくすむ原因にもなります。

喫煙は、肌の温度も下げてしまいます。
肌の表面温度が2~5度程度まで下がると言われています。
これも血行不良の原因、くすみの原因なのですね。

内臓にも悪影響を与える喫煙。
百害あって一利なしですね。