乾燥肌が、たるみやほうれい線の大きな原因です。

乾燥肌を防ぐにはどうしたいいでしょうか?

乾燥肌は、生まれつきの肌質もありますが、

それ以外に

紫外線
洗顔とスキンケア
老化
湿度

等が原因で引き起こされます。


乾燥肌にならない為には、
紫外線を浴びないようにすることです。
紫外線によって、コラーゲンやエラスチンの生成が
減少する為、肌の乾燥を引き起こします。

紫外線を浴びることで、表皮が傷つけられると、
細胞は早くこれを治そうとする為、
ターンオーバーの周期は早くなります。

早くなると良いような感じがしますが、そうではありません。
ターンオーバーが早まってできてしまった肌は、
バリア機能も弱く、肌がダメージを受けやすい為、
乾燥肌になりやすいのです。

入念な洗顔は、皮脂が必要以上に奪われ、
皮脂がなくなると水分まで蒸発してしてしまう為、
油分・水分とも不足するという最悪の肌状態になります。


また、洗顔後、お肌が突っ張るからといって、
乳液やクリームを多めにつけてはいけません。
油分が多い乳液やクリームを先につけてしまうと、
水分がお肌に浸透できなくなるんです。
なので、まずは、化粧水でしっかり水分補給をして、
それから油分で蓋をします。

加齢によって、元々体の中で作られている
皮膚の真皮のコラーゲンやエラスチンの産生量の減少や
女性ホルモンの減少も乾燥肌の原因です。


その為、新陳代謝を活発にする為の適度な運度や、
バランスのとれた食事、充分な睡眠が必要です。

偏食やダイエットは乾燥肌の要因です。
食事は、肌にハリや潤いを与える効果のある
ビタミンEやビタミンC、コラーゲンなどを
積極的に摂りましょう。

他にも、湿度・気温の低下も乾燥の原因になります。

コンクリートのビルの中にあるオフィスは常の乾燥状態です。
エアコンの効いた湿度の低い場所では、加湿器を使いましょう。
しっかりと皮膚に水分を与えることも忘れてはいけませんね。