肌の構造をご存知ですか?

私はなんとなく位でした。

でも、皮膚の構造を知ることで、ちゃんとしたケアが
できるようになるんですね。

逆を言えば、皮膚の構造や役割を知らなければ、
ケアができないということなんです


皮膚は、ミルフィーユのように何層もの角質層から
成り立っていますが、大きく分けて3つの層があります。


皮膚の表面に近い部分の表皮、その下の真皮。
真皮の下には皮下組織があります。


そして、それぞれの組織で役割が違っています。

表皮

表皮は薄い組織で、おおよそ厚さ0.07~0.2mm程度しかありません。
表皮に働きは、外部の刺激から身を守る為、
防御壁となる角質層を作り、乾燥や紫外線等様々な刺激から、
内部の皮下組織がダメージを受けないようバリア機能を担っています。



真皮

真皮は、表皮の基底層の下にあり、表皮よりも厚くおおよそ2mmの層です。

真皮にはコラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンなど
からなる層で、皮膚の柔らかさはここで決まります。
この部分が健康な状態でなければ、
潤いやハリがある肌は作られません。


コラーゲンが真皮の約70%に張り巡らされていて、
そのおかげで肌に弾力が生まれるのです。

その他にも、コラーゲンを支えているエラスチンが、
真皮の5%を占めています。

また、コラーゲンやエラスチンの間にあるのが、
保水力があるヒアルロン酸で、このヒアルロン酸が多いと
肌もみずみずしい状態になります。



皮下組織

真皮の下にある皮下組織は、脂肪細胞から成り立っていて、
大部分が皮下脂肪でできています。
皮下組織は、体の体温を保ち、外部環境からの衝撃(打撲など)が
あると、クッションとしての役割をし、
表皮と真皮が効率良く働けるように支えています。



この3つの層が総合的にしっかり機能することが、
美肌つくりには欠かせないんですよね。