¹0­0ó0±0¢0’0Y0‹0sY'`

お肌にハリと柔軟性を与え、若々しさを保つことで
有名なコラーゲンは、アミノ酸を原料に
体の中で作られています。


コラーゲンは、皮膚の真皮層の7割を占めていますが、
ゴムのような弾力を持つ繊維で、
ベットのスプリングのように表皮を支えて、
肌の弾力や水分量を保つ働きをしているんですよね。


コラーゲンの生成量は20歳代がピーク、
それ以降は減少していって、40歳代では半分になってしまうと
言われています。

私たちの肌のハリを保つ大事なコラーゲン。
このコラーゲンを減らさない為に、気をつけたいことが二つあります。

まず一つ目は、
コラーゲンを破壊する原因を取り除くことです。

「加齢」はどうすることもできませんが、
それ以外に、「紫外線」「間違ったスキンケア」がコラーゲンを
破壊してしまいます。

その為、正しいスキンケアをすること、
日焼け止めで紫外線を防ぐことが必要です。

また、新陳代謝を活発にするために、睡眠不足や栄養バランスの崩れ、
ストレスなどにも気をつけることが大切です。

二つ目は、コラーゲンを作る食品を摂ることです。

コラーゲンは人間の骨、内臓、皮膚などに多く存在しているのと同様に、
動物の軟骨や皮、内臓に含まれています。
フカヒレやスッポン、豚骨ラーメンや皮つきの鶏の唐揚げ、
軟骨つきのスペアリブ、牛すじや豚足、レバー、
お魚や鶏肉を煮たときにできる煮こごり、なまこの酢の物などに
たくさん含まれています。

そして、コラーゲンをとるときに合わせて摂るようにしたいのが
「ビタミンC」
です。
ビタミンCはコラーゲンを体内で生成するのを助ける役割をします。
ビタミンCとコラーゲンは、切っても切り離せない存在なんですよね。

ほうれい線を解消する為には、コラーゲンが必要不可欠です。
コラーゲンを破壊しないように、そして、コラーゲンの体内生成を
助ける食品を積極的に摂るようにしたいですね。