kid0069-009

ほうれい線は何歳ころからできるかご存知ですか?

実は、赤ちゃんにもほうれい線はあるんですよ。
何故、気付かないかというと、
赤ちゃんの肌は潤いとハリがあるからなんです。

それにまだ、紫外線や生活習慣や乾燥などの外的要因
睡眠・喫煙・ストレスなどの内的要因の影響を
受けていないからです。

ほうれい線が気になり始める年齢は、
人によって違います。

気になり始める年代のピークは、30代ですが、
最近では20代でも悩んでいる人が少なくありません。

その理由は、お肌の乾燥、不規則な生活、喫煙、
ストレス
などが原因です。
また、紫外線を浴びることも乾燥の要因になっています。

20代でほうれい線が気になるのであれば、
しっかりお肌の保湿をし、
外出時は冬でも日焼けを止めを欠かさない等
紫外線対策ををしっかりすること、
また、規則正しい生活をし、ストレスは何かで発散させる等
心がけることが大切です。

30代になると、かなりの人がほうれい線に悩み始めます。
30代以降のほうれい線の原因は、
20代の原因に加えて、
元々体の中で作られている皮膚の真皮のコラーゲンや
エラスチンの産生量の減少や女性ホルモンの減少により
乾燥肌になってしまう
からです。

また、表情筋の衰えにより、
たるみが目立ってくること

これも大きな要因です。

その為、20代のほうれい線対策に加えて、
お化粧品を変えたり、
食事に気をつけて、足りないものは
サプリメントで補うこと、
それから、表情筋を鍛えることが必要になって来ます。

ほうれい線は、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線ですが、
実は、50代になると内側にもう1本線が入って来ます
これは、よく見ないと分りません。
でも、この線がもう1本入ることで、さらにほうれい線が深く、
くっきりと見えてしまいます。

見た目年齢に一番影響を与えるというほうれい線
早めに対処することも大事ですが、
気になった時から、始めても遅いということは
ありません。

今までのお手入れにプラスして、
ほうれい線を意識したケアをすることが
必要です。