ほうれい線があるだけで、老けて見えるのに
そのほうれい線が段々濃くなっているということはありませんか?

できてしまったほうれい線を放っておけば、
どんどん濃くなってしまうのは、避けられません。

ほうれい線が気になるという人は多いのですが、
それを消す為に、何か特別なことをしているかというと
特別なお手入れはしていない人がほとんどだということです。

大事なのは、ほうれい線を意識したお手入れをすることです。

ほうれい線が濃くなってしまう一番大きな要因は、
「お肌のたるみ」
です。

30代を過ぎたころから、頬を支えている筋肉が衰え、
支えきれなくなって、重力に負け、頬がたるんできます。
そのたるみが、ほうれい線を濃くしてしまいます。

頬は、あまり動かさない場所。

その為、余計に重力の影響も受けやすいのですよね。


「お肌のたるみ」の最大の原因は加齢。

それに加えて、外的要因・内的要因も関係してきます。

外的要因は、紫外線や乾燥です。
ほうれい線はシワなので、乾燥を防ぐこと、
乾燥の原因や、コラーゲンを破壊する紫外線は浴びないように
気をつけなければいけません。

内的要因は、睡眠・喫煙、それからストレスも関係しています。

質の良い睡眠を十分に取ること、活性酸素を発生させる煙草は控えること、
ストレスをできる限る溜めこまないようにするなど
心がけることが必要ですね。

喫煙と同様にストレスによっても活性酸素がたくさんでてしまうため、
体や肌の老化を引き起こします。

また、ストレスが溜まると、自律神経やホルモンバランスが乱れ、
その為にお肌の水分調整機能がうまくいかなくなって、
出来てしまったほうれい線をさらに濃くしてしまうことにもなるのです。

他にも、

顔が凝っていることや、
肩や首が凝っているなど、コリが原因だったり、
頭皮が固くなっている、姿勢が悪いなども
たるみの原因になっています。

表情筋を鍛えるエクササイズや
血行を良くするマッサージを行うこと、
顔だけでなく、顔の筋肉とつながっている肩や首のコリをほぐすこと、
頭皮マッサージを行うこと、
いつも、姿勢に気をつける等で「たるみ」を改善することができます。
これらは、当然ほうれい線の解消にもなります。

「ほうれい線を意識したお手入れ」をしていきましょう。