肌老化にとって紫外線は大敵です。
これはみんな知っていますよね。

ただ、紫外線が肌によくないと分かっていても
まだまだ認識が甘い人が多いんですよね〜。

そこで、紫外線のことをもう一度確認しておきましょう。

まず、日光浴という言葉があります。
ちょっとぐらい日光を浴びた方が健康なのでは!?
とか思っていませんか〜?

そこでまず大きな間違いをしていますよ。
たしかに紫外線によってビタミンDが活性化されるということはあります。
ただ、わざわざ日光浴をする程必要はなく、
普通に普段外に出て浴びている紫外線だけで十分なんです。

それなのに必要以上に紫外線を浴びてしまうと、
肌老化、発ガン、白内障などデメリットの方が非常に多いのです。

ね、ちょっと恐くなってきたでしょ。

紫外線というのはどんどん、どんどん肌の奥に蓄積されているんですよ。
そして蓄積された紫外線がある日あふれてきてシミになってしまうんです。

若いときに海水浴で一日日光を浴び続けるとか…。
考えただけでも肌にとってはかなり悪影響。
紫外線が肌の奥に相当蓄積されてしまいます。

また意識的に日光を浴びなくても、
買い物に出かけたときとか、洗濯物を干すときとか、
確実に日光を浴びて紫外線が蓄積されていますからね。
これが後々、肌に大きな悪影響を与えます。


では、どうやって紫外線予防をするか。
一番は肌を日光にさらさないということですが、
なかなかそれも難しいと思いますので、「日焼け止め」をしっかり塗って下さい。

日焼け止めクリームも肌に負担が掛かるので、
最適なものを選んで下さいね。

選ぶポイントはSPFとPAです。
詳細な説明はしませんが、簡単に言うと、
SPFは紫外線B波をカットする力の目安です。
PAは紫外線A波をカットする力の目安です。

この値が自分の肌にとって強すぎるとそれも悪影響になりますので、
使うシチュエーションと肌の状態を考慮して最適なものを利用するようにしましょね。

面倒がってはダメですよ!
ここで手を抜いたら肌はどんどん老化していきます。
後で後悔しても肌は元には戻りませんからね。
しっかり紫外線対策を行いましょう。