「乾燥」はお肌にとって一番よくない状態です。

そもそも肌が「乾燥」している状態というのはどんな状態のことでしょうか?
実は肌が乾燥していると感じているときは肌全体が乾燥しているわけではないんです。

乾燥しているのは、肌の一番外側のわずかな部分の角質層の水分が不足しているだけです。
つまり、肌の乾燥は、この薄い層の状態によって決まるのです。

そもそも潤いのある角質層は15〜20%の水分を含み、その下にある表皮や真皮を
外からの刺激から守っています。

しかし、間違ったスキンケアや、温度や湿度などの外的な要因など、
さらには睡眠不足などの生活習慣の変化により、角質層の保水の能力が乱れると、
角質層の水分量が低下してしまうのです。

この水分量の低下は、乾燥だけでなく、肌のバリア機能の低下にもつながり、
他の肌トラブルを起こす原因にもなってしまうのです。
たかが乾燥とあなどっていると大変な目にあってしまいますので注意して下さいね。


では、乾燥を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
肌の乾燥を防ぐためには、肌の保水力を高める必要があります。

角質層の保水力を高めるためには、潤いの3大要素「細胞間脂質」と「NMF」と「皮脂膜」の
バランスが非常に重要になります。
そのために必要になるのが保水ケアです。

保水ケアをするためには、まずは、化粧水でしっかりと保水したあと、
美容液でその水分を肌にとどめるようにします。
これで角質層内にしっかりと水分をためた後に、油分を含む乳液やクリームを使います。

大切なのは水分を角質層にしっかりと含ませることと、
ためた水分がなくらないないように、油分でしっかり覆うことです。


私はさらにスキンマスクなどの利用します。

肌が急に乾燥してしまったときなどは、顔全体を覆うスキンマスクがおすすめですよ。
肌の乾燥を感じたときに、そのまま放置は絶対にしないで下さいね。
必ずその日のうちにしっかりとスキンケアしましょう。

スキンマスクを使う前に美顔器でしっかりと保水成分を肌に浸透させるのが私のおすすめです♪