肌トラブルではシワ・たるみと並んで「シミ」に悩む方が非常に多いです。

シミの原因は、メラニン色素が肌にたまってしまうことにあります。
では、このメラニンが悪いのでしょうか?

そうではありません。
メラニンは、紫外線から肌を守るためにできます。
肌は紫外線を浴びると、表皮の一番下でメラニンを生成して、真皮を守ります。

通常はこのメラニンは生成されてから約28日でターンオーバーによって
肌の一番表面まで押し上げられて、最後は垢となって剥がれ落ちていきます。

でも紫外線を浴び過ぎてしまったり、加齢の影響などによってメラニンの生成が
過剰に活性化してしまうとメラニンの生成にターンオーバーが追いつかなくなり、
シミになってしまうのです。


10代、20代のうちは日焼けをして紫外線を浴びてもシミが出ることはあまりないですよね。
でも30代後半ぐらいからどんどんシミが増え始めます。

これは肌に蓄積された紫外線のダメージが許容できない量になったときに、
シミとなって現れてくるのです。

なので若いうちは大丈夫と安心して紫外線を浴び過ぎてしまうと、
年をとってから大変なことになりますからね。
若い頃から紫外線には十分注意しておいた方がいいです。


シミの予防には、まずは紫外線を防ぐ「UVケア」、
そしてメラニン色素の生成を抑える「美白ケア」が重要になってきます。

美白ケアをするための化粧品はいろいろあります。
顔全体を美白にするものから、シミ予防に特化したもの。
どんな化粧品が自分に一番合うかは試してみるのが一番早いです。
いくつか試して自分の肌に合う化粧品を探して下さいね。


また、シミに関する注意点を一つ。
シミは肌が乾燥しているとさらに目立ってしまいます。

肌全体をしっとりと潤わせて、肌に透明感を持たせる事でシミを目立たなくすることができます。
他にも、ターンオーバーが滞って古い角質が残っていると、シミが濃く見えてしまいます。
ピーリングなどを施して角質のケアも行っていきましょうね。

私は美顔器を利用するようになってからシミが目立たなくなってきたような気がします♪