肌のたるみ…、嫌ですよね〜。
でも、ちょっと肌のたるみについて考えてみましょう。

肌のたるみの種類は大きく分けると次の4つです。


■たるみ毛穴

初期のたるみあh、頬などの毛穴の開きから始まります。
若いときに肌の真皮にコラーゲンがぎっしりあるために、
毛穴を周りからしっかり支えてます。

これが年とともに次第に緩んで支える力が低下すると、
毛穴が開いてくるわけです。

これがたるみ毛穴ですね。

そしてこのたるみ毛穴がつながるとシワになってしまいます。


■涙袋

目元の薄い皮膚がたるむとクマが目立ってきてしまいます。
目を保護するために眼球の周りには脂肪があるのですが、
これを支える下まぶたの皮膚がたるみ、
ふくらんで見える様になってしまいます。
これが進行していくと涙袋になるわけです。

目元の老化は上まぶたの方に表れてくる人もいますね。
この場合、まぶたを上に上げようと常に筋肉が緊張するため、
頭痛を引き起こす場合があります。


■二重あご

聞きたくない言葉ですね…。
二重あごの原因はフェイスラインのたるみです。
頬からあごにかけての顔の中で一番脂肪が厚い部分が下がってくることで、
二重あごになってしまいます。

二重あごは上に書いた、たるみ毛穴や涙袋に比べて
非常に目立つたるみだと個人的には思います。
いかがでしょうか?
避けたいですね。


■ほうれい線

そして最後にほうれい線です。
ほうれい線は説明するまでもなく口の両側のシワですね。
これもたるみが原因です。

口もとの皮膚のたるみとともに、頬の厚い脂肪が下がってしまい
ほうれい線が濃くなってしまいます。

ほうれい線も非常に深いシワで、
二重あごと同様、目立つたるみです。
避けたいです…。


このようにたるみの種類があるわけですが、
たるみはコラーゲンが弾力を失うことでできてしまいます。

対策としてはしっかり肌のコラーゲンに働きかけることですね。
ビタミンC誘導体やピーリング剤などを利用して、
コラーゲンをしっかり増やしていきましょう。

それがたるみ対策です。