肌の中でも、顔は空気中の汚れに常にさらされています。
また、皮脂腺が発達しているため、放置しておくと、雑菌が繁殖したり、
皮脂が酸化して、ニキビや肌あれが起こりやすくなってしまいます。
だからこそ、洗顔で肌を清潔な素の状態に戻してあげる必要があるのです。

洗顔が疎かだと、肌に不要なものが残ったままの状態になってしまいます。
このような状態でスキンケアを行っても効果は半減です。

まず洗顔でスキンケアを受け入れる状態をつくる。
洗顔はスキンケアの大事なステップになります。


皮脂や余分な角質などの肌の汚れは、水だけではなく、基本は、朝夕とも洗顔料で行います。
メイクした日や日焼け止めを使った日は、クレンジングと洗顔の両方を行いましょう。


洗顔料の種類は、固形、フォーム、パウダーなどさまざまありますが、
利用方法として共通して大切なことはしっかりと泡立てて使うことです。

泡立ての目安は、手のひらに泡立てた泡をとって、その手のひらを裏返しても
泡が落ちないぐらいまで、もっちりとしたきめ細かな泡を作りましょうね。
泡立てには泡立て用のネットなどを利用するのも便利な方法です。

ただ泡立て用のネットなどを濡れた状態のまま放置してしまうと雑菌などが繁殖することがありますので、
清潔な状態で管理できるようにしておきましょうね。


洗顔は、まず顔全体をぬるま湯で軽く洗い流したあと、しっかりと泡立てた泡を肌の上で
ころころと転がすイメージで優しく肌に付けます。
手でこすって洗うのは肌を傷める原因になるので絶対に行わないように!

泡には、汚れを吸着する効果があり、ごしごし擦らなくても、
泡を転がすだけでしっかり汚れを落とすことができます。

すすぎについては、フェイスラインの洗い残しに注意しながら、
ぬるつきがなくなるまでしっかりと行いましょう。
また、泡を洗い流すお湯の温度は、34〜36度ぐらいが適温です。
温度の高いお湯は、皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥を呼び込む原因になりますので注意しましょうね。

綺麗に洗顔した後に美顔器で美肌成分を肌に浸透させるとさらに効果的です♪