洗顔後の肌は、洗顔によって汚れと一緒に、皮脂膜や角質層の中の保湿成分までも流れ出しているため、
とても無防備で乾きやすい状態になっています。
なので、化粧水をつけるタイミングは、できるだけ素早くが基本です。
肌が乾ききってしまわないうちに、できるだけ早く水分を肌に補給するようにしましょう。

化粧水は、その多くが水分で、そこに保湿成分を加えてつくられています。
洗顔後すぐに化粧水で肌を整えるのは、素早く潤いを与えるためだけではなく、
その後に使う美容液や乳液などの浸透を高めるためでもあります。

例えば乾いたスポンジに洗剤を含ませてもなかなか吸収しないのと同じように、
乾いた肌に美容液や乳液をつけても浸透しにくいです。

水分をたっぷりと含んだ化粧水を肌に付けることで、
その潤いが、美容液や乳液の浸透を助ける効果があります。
ただし、最近では、洗顔後すぐに付けることで浸透力を高めるタイプの美容液もありますので、
化粧水の基本はおさえながら、化粧品の利用方法はそれぞれしっかり確認しておきましょうね。


化粧水は、肌に水分を与えて、キメを整えるものや、毛穴を引き締めるタイプのものなど、
目的や用途もいろいろあります。
それぞれの商品の特徴をしっかり確認して、肌の状態や目的に合わせて使い分けるようにしましょう。

また、クレンジングでも洗顔でも、肌はできるだけこすらずに優しく扱います。
それは化粧水をつけるときも同じですね。

勢いよく付けるのではなく、ゆっくりやさしく、丁寧になじませるように使いましょう。
手のひらを使う場合も、コットンの場合も、化粧水はケチらずにたっぷりと使うのがポイントです。

そして最後は、両手で肌を包み込むようにして、ハンドプレスをすると、
さらになじみがよくなりますからね。

私の場合はハンドプレスの代わり美顔器を軽く利用しています。
これで肌にすごくなじむようになりますし、肌のマッサージ効果も出て非常にいい感じです♪