クレンジングをする理由は、洗顔石けんでは落としづらい、もしくは落とせない、
メイクや日焼け止めなどの油性の汚れをしっかり落とすためです。

クレンジング剤には、配合量の違いはありますが、油性汚れを落とすために必要な
油分と界面活性剤が含まれています。
この配合の度合いによってクレンジング剤の洗浄力は変わってきます。

そのためクレンジング剤を選ぶときは、メリットとデメリットをしっかりと見極めながら
使い分けることが重要になってきます。

基本的に洗浄力の高いクレンジング剤は、メイクを素早くきれいに落とすことができますが、
その分、皮脂を取り除く力も強くなってしまいます。

洗浄力の強さは、一般的に強い順に、オイル、クリーム、ミルク、ローションの順番になります。
乾燥が気になるときには、できるだけ洗浄力の強いオイルは使わずに、
比較的洗浄力の弱い、ミルクやクリームのタイプを選ぶのがいいと思います。

しっかりと濃いメイクをしたときは、オイルタイプを利用するなど、
メイクや肌の状態によってクレンジング剤を使い分けるようにできるといいですね。


クレンジングで一番気をつけたいのが、使用方法です。
まず量ですが商品毎に決まっている適量があります。
これを必ず守って使うようにしましょう。

使用する量が少なすぎると、メイク汚れがしっかりと落ちないために、
なじませるときに肌をこすってしまうことになります。
残った汚れは酸化して肌を傷める原因になるだけでなく、
必要以上に肌を擦ると、シミやくすみの原因になってしまいます。

重要なのはメイクはごしごしと擦って落とすのではなく、
クレンジング剤で溶かして、浮かして、取り去ることです。

またアイメイクのようにポイントメイクでしっかりとメイクした場合は、
ポイントメイク専用のリムーバーを利用するようにしましょうね。
特に目元のメイクはしっかり落とさないと色素沈着の原因になってしまいます。

普段からしっかりとスキンケアを行っていればメイク落としもかなり楽にできますよ♪